お役立ち情報

工場パーテーションの知って得するお役立ちコラムです。

パーテーション設置で防音対策する方法とは!?

パーテーション設置で防音対策する方法とは!?

こんなことでお困りではないでしょうか?

・工場の騒音問題で困っている。
・近隣への騒音問題でクレームが入っている。
工場では様々な機械が稼働しており、その騒音が大きく近隣の住人との問題を引き起こすといったことも考えられます。

今回の記事では、このような問題を解決するべく対策方法についてご紹介していきたいと思います。

 

騒音問題に対する規制と法律

騒音問題に関して、規制する法律が存在することをご存じでしょうか?
実は騒音に関しては、「騒音規制法」というものが存在します。
環境省のホームページにて以下のように記載されています。
騒音規制法では、機械プレスや送風機など、著しい騒音を発生する施設であって政令で定める施設を設置する工場・事業場が規制対象となる。
具体的には、都道府県知事(市の区域内の地域については、市長。以下「都道府県知事等」という。)が騒音について規制する地域を指定するとともに、環境大臣が定める基準の範囲内において時間及び区域の区分ごとの規制基準を定め、市町村長が規制対象となる特定施設等に関し、必要に応じて改善勧告等を行う。

環境省:騒音規制法の概要より引用
国民の健康の保護をするために、工場など運営を行っている事業者は騒音に対して必要な規制を行う必要があるということになります。

 

騒音に対する防音・吸音・遮音対策

この記事では、パーテーションの設置をすることで工場のあらゆる騒音問題を解決する方法をご紹介していきます。
そもそも、パーテーションとは何なのかについてです。
パーテーションは、「間仕切り」という意味があり、部屋の空間を仕切る目的で主に利用します。このパーテーションには、様々な種類が存在し目的に応じて使い分けをすることが可能になります。
パーテーションの使い方として、壁を作り音を遮ることで騒音を軽減するというものがあります。

 

防音・吸音・遮音対策の際に利用するパーテーションとは?

この章では、実際におすすめのパーテーションについてご紹介をしていきます。

 

  1. おすすめ①:スチールパーテーション
    パーテーションの中で一般的に普及しているものは、アルミのパーテーションです。しかし、アルミは防音・遮音の性能が低く、遮音対策としてはお勧めできません。そのため、防音・遮音を目的とした場合はスチールパーテーションを用いることが多いです。パネルの表面部分がスチール、内側の部分が石膏ボードという構造になっています。
  2. おすすめ②:ウレタンを用いたパーテーション
    通所のスチールパーテーションを用いても一定の効果を得ることは可能ですが、ウレタンを用いることでより一層防音・遮音の効果が得られます。
    騒音の大きい機械のそばや、音楽スタジオ、放送局などで導入の実績があります。

 

最後に

工場における騒音対策の方法に関して、ご紹介いたしました。
騒音に関しては様々なお困りごとがあるかと思いますが、事業者は国の法律によって規制する必要があることがわかりました。
パーテーションのご相談・お見積りなどは気軽に弊社にお問い合わせくださいませ。電話・メールにて対応いたします。

△□○コーポレートサイト